JUNON*DAYS

ARTICLE PAGE

昨日の電話のあとで

昨日の朝、大学から電話があって
その数時間後、個人病院からあれ以来初めて電話が入った。

『エルマーちゃん、退院されてると伺ったんですが』
は?いつですか?
『9月の22日に退院されたと…その後どうですか?』
その後すぐ再入院になって、通常の肺炎治療じゃ効果が出ない状況なのでまだ入院してますけど。




『あははは、そうなんですかぁ。』




はーぁぁぁ???


あはははは?


半日もたないかもしれません、覚悟はしといてください、って言うたん
あんたよね?
様子がおかしいと気づいてすぐに連れて行ったのに。
その時にきちんと調べてくれてたら、もしかしたら違ってたかもしれんのに。

その子が頑張って治療しとるのに

あはははは?


ふざけるのも大概にしてください。

目の前にいたら右手が胸ぐら掴んでます。



数時間前に原因がわからないと言われ
通常の治療じゃ改善が見られないと言われ
また全麻の検査になると言われ
不安要素しかなくて著しく情緒不安定な精神状態なのに。




この先生、メルが後脚を引きずってた時に連れて行くと
レントゲン撮るわけでもなく、見て、ここ大事、診て、じゃなくて見て!
ヘルニアでしょうねぇ、と。
帰ってから足を良く見たら、肉球を怪我してました。
足の裏が痛かったから引きずってたワケですよ。

ココの耳先に湿疹が出来たときに診てくれた別の先生(今回のエルマーを診た人)は
アレルギーを疑って血液検査するかと思いきや
湿疹を削り取って毛をむしって『カビの検査をします、1週間後に連絡します。』と。
削られた耳はただれたようになり、そして1週間後、カビではありませんでした、と連絡がきた。

因みにエルマーが肺炎だったとわかった時にやってきた二人は
この二人の先生です。

また別の先生だけどジュノンのときにもイラっとしたんだよね。


短期間にことごとく嫌な思いをしたわけだけど
なのになんで?って思うよね、フツー。
だって各分野の専門の先生とのネットワークがあるから
いろんな病気に強いだろうと思ってたから。

まぁ、もうないよね。
前日受診した子が夜中に悪くなって留守電入れてても
朝になったって折り返しもないしね。
そもそも、死にそうな子に向けて受け入れ病院を自分で探せって言うんだからね。

晩年のミスティがお世話になった病院も行ってたけど
警戒心の強いエルマーを不得意そうにしてたんで(・ω・;)

誰も信じれん(#・`ω´・#)


今日は今から面会に行ってきます。



あー。承諾書いやだー。

0 Comments

Leave a comment