JUNON*DAYS

ARTICLE PAGE

覚書的なやつ。

9月13日
朝、電話を貰って迎えに行ったとき、まさかこんな事態になるとは思いもしなかったわけで。

病院から戻ってからは、クレートに入ったきり出てこなくなる。
深夜に向けてどんどん体調悪くなり、これってもしかしてマズいことになってるのでは?
と慌て始めるあたし。

↓の動画は13日夜から明け方までの様子を5分少々。



呼吸は浅く速く、苦しくなると立ち上がって30分近くそのまま立ち尽くすので
何度もコマンドでダウンさせる。

最初に連れて行った時、振り切った数値を出してる炎症値の原因を
ちゃんと調べて適切な判断と処置をしてくれてれば
その日のうちに酸素室に入ることができてたら
早い段階で抗生剤投与してたら
ここまで酷くならなかったんじゃないのか
覚悟なんて言葉を聞かなくて済んだんじゃないかと…

こんな状態だったのに、病院に着くと待合では
20171004122802249.jpeg
本能でキリリっ。

この後、あたしは【半日もたない覚悟】させられ大学病院へ。

↓大学病院の酸素室。
201710041228040a0.jpeg
コンパクトに丸まってますが仕切りを外して広い部屋になってます。


9月22日、酸素室から出て静脈点滴も外れたので一旦帰宅。

自宅での様子



この日も結局、一晩中ゲフゲフするエルマーが気になって眠れず(((;゚д゚)))

退院して3日、お薬は貰ってるけど良くなるどころか悪くなってるようにしか見えなくて
青バナ出てるし胸もゴロゴロだし、やっぱり苦しそうなので再検査に行くと
あっさり再入院の烙印。

CTや細菌やウイルスや、と色々検査もして再入院から1週間。

明日の様子次第では、週末に退院できるかも?だそーです。

もちろん完治じゃないので、これで安心!ってなわけにはいかないけども。


ゆっくりでいいよ、酷くなりませんように。

0 Comments

Leave a comment